転職後に適応障害と診断された看護師がどのように克服したのか?

メンタル

「適応障害」とは

生活の中で昌実さまざまなストレスにうまく対処できず、抑うつや不安感などの精神症状が表れて日常生活に支障をきたす病気です。

 

私は適応障害と診断されたことがあります。

 

今では元気に仕事ができていますが、当時は家族や職場の人になかなか相談できず、

 

 

 

私

私、おかしいよね。

 

どうしたら眠れるのかなぁ・・・。

 

どうしたらご飯を食べれるようになるのかなぁ・・・。

 

どうかなってしまう、私・・・。

 

 

 

と考えれば考えるほど眠れませんでした。

 

適応障害と診断され、私が選んだ治療は東洋医学。

漢方薬での治療でした。

 

 

看護師のためのキャリアデザインBOOK―働き方を考えるためのデザインワークブック
看護師のためのキャリアデザインBOOK―働き方を考えるためのデザインワークブック

 

適応障害を発症したきっかけ

透析クリニックで働いていた時に、男性患者さんに怒鳴られたことがきっかけで不眠症、食欲低下、下痢などの症状がで始めました。

しばらくすれば治まるだろうと思っていましたが、良くなるどころか悪化していく一方。

食べると吐き気と下痢、体重はどんどん落ちていきました。

夜は眠れず、眠れても透析室のコンソール(患者監視装置)が一斉にアラームがなる夢を見たり、患者さんが出てきたりと熟睡できず・・・。

 

仕事の日の朝、下痢が続き、仕事を休むようになりました。

 

私

自分がこんなに弱い人間だったなんて情けない。

と落ち込みました。

 

 

友達と会うのも避けていたのですが、ある日、久しぶりに会った際に

 

友人
友人

なんか表情が冴えないけど大丈夫?

 

ちゃんと食べてるの?

 

何かあったの?

 

と一言。

 

やっと、

私

やっぱり私、おかしいよね。

 

専門医へ受診しないといけない。

という気持ちになり、病院探しが始まりました。

 

漢方薬で適応障害の治療?

病院や介護施設で働く人の中には心の病気を患う人が多いのではないでしょうか?

私の周りにも何人かいました。

しばらく休職し、そのまま退職していかれた人を何人も見てきました。

その人達はちゃんと病院で診察を受け、薬を処方してもらっていたにも関わらず、症状が改善せずに退職していきました。

私の同僚の看護師さんもその一人。

その看護師さんはメンタルクリニックから処方された薬をきちんと飲んでいましたが、表情は硬くなっていく一方。

 

利用者さんの所には行けなくなり、医務室のデスクに座り、一点を見つめたまま。

口数も減っていき、欠勤→休職を経て、退職。

その様子を見て

 

私

自分が同じように心の病気にかかった時はメンタルクリニックには行かない。

 

と漠然と思っていました。

風邪の引き始めは葛根湯、鼻水が止まらない時は小青竜湯、体が疲れている時は補中益気湯など普段から漢方薬を薬局で購入して飲むことがあり、以前から興味があった東洋医学。

 

私

漢方薬で心の病気は直せないのかなぁ・・・。

 

と東洋医学について調べてみました。

 

心の病気に効く漢方薬はないのだろうか?

漢方薬治療を専門にしているクリニックを探し、受診。

 

30分程かけて問診表とストレスチェック表を記入し、看護師さんからの簡単な問診後、診察室へ。

 

問診表を見ながらいくつかの質問とベットに横になり脈診・舌診、むくみの有無や腹診などが行われました。

 

こうゆう風な症状がでた原因は自分でははっきりとわかっているんだよね。

だったら、仕事を辞めればいい。どうしてもそのクリニックで働きたいわけではないのでしょう?辞めたら良くなるよ。

 

私

そっかぁ~辞めればいいんだ。思っていたよりもお給料良くないし、仕事も大変だし、辞めればいいんだ。

 

私が処方された漢方薬は香蘇散六君子湯整腸剤でした。

 

マンガでわかる東洋医学の教科書
■東洋医学のすべてがわかる 東洋医学の基礎知識や理論から、診察、治療、症状別の対策まで、東洋医学全般をマンガと図版を交えて丁寧に解説しています。 >■;見やすい巻頭カラー 代表的な56の生薬を写真で紹介するとともに、経脈と経穴、さまざまな治療法をビジュアルで解説しています。 ■はじめての人でもわかりやすい 専門用語はや...

 

飲み始めて1週間ほどで症状は改善され、仕事も行けるようになりましたが、辞めたらもっと心が楽になると思い、上司に退職の意思を伝えました。

 

しかし、クリニックの事情によりすぐには退職できませんでした。

 

 

 

その後の私


病院受診から半年後、透析クリニックを退職。

その後は介護施設で働くことができました。

仕事を始めても、特に気になる症状はなく、食欲も元に戻りました。

私には漢方薬があっていました。

東洋医学のクリニックを受診し、

先生の「仕事を辞めればいい。」の一言がなければ入職して半年で退職するという選択肢を選ばなかったと思います。

今考えれば、すぐに透析クリニックを辞めれば良かったのにと思えるのですが、当時はそうゆう判断さえもできませんでした。

心の病気の診断は怪我や内臓系の病気と比べてわかりにくいし、治りにくい厄介な病気です。

悪化する前に周りの人に相談し、自分にあった先生を見つけて、しっかりと自分と向き合ってくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^_^*)

人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています。

クイックして頂けたら励みになります。

よろしくお願いします👇


人気ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました