高齢者施設で新型コロナクラスター発生!コロナ感染後の利用者さんの症状

老健施設

老健施設で新型コロナウイルスのクラスターが発生しレッドゾーン勤務になりました。

 

 

コロナに感染した利用者さん達は基礎疾患がある方、ワクチン未接種の方、ワクチン3回摂取済の方と様々でした。

PCR検査で陽性が判明した際に無症状だった利用者さんが半数でしたが、酸素投与、点滴が必要な利用者さんもいました。

コロナ感染後からその後の利用者さん達の経過についてお伝えします。

 

感染後の利用者さん達の症状は?

コロナに感染した利用者さんは60歳代から90歳代で、基礎疾患のある方や退所前の方、日常生活が全介助の方など様々でした。

感染後は1/3の方が無症状でしたが、咽頭痛・湿性咳嗽・食欲不振などの症状がみられ入院治療が必要な方もいました。

基礎疾患(肺気腫)のあった利用者さんの症状は?

肺気腫の既往があるY田さんは38℃以上の発熱、Spo2が80%後半、湿性咳嗽などの症状がありまました。

酸素2リットル投与、抗生剤の点滴など行っていましたが症状はあまり改善せず老健施設で行える治療には限界がありました。

何度か保健所に入院できないか打診していましたが、ハイリスク因子はあるが入院対象ではないと言われました。

介助で食事はほぼ全量摂取できていましたが、徐々に「息苦しいから食べれない。」と訴えられるようになりました。

ご家族が入院治療を希望され、コロナ感染から2週間後にようやく入院できました。

現在も入院なかですが、病状は安定してきており、近いうちに退院できそうです。

 

食事をまったく食べれなくなった利用者さん

元々、食が細かったS田さんはコロナ感染後から徐々に食事摂取量が減っていました。

 

食べれない理由を尋ねても「お腹が空かないから食べたくない。」と話され、食事量を減らし、高カロリーゼリーやジュースなど試しましたが摂取量は増えず点滴が必要になりました。

保健所の担当者に相談したところ、他の高齢者施設でも食欲低下の方が多いみたいで中には症状が2週間ぐらい続いているケースもあるみたいでした。

S田さんも2週間ぐらいは点滴をしながら、栄養士さんに相談し色々な補助食品を提供しましたが、お菓子(クラッカー、おっとっとやハッピータンなど)が一番たべられました。

元々はおはぎなどの甘いお菓子が好きだったのですが、塩味のお菓子の方が美味しそうに食べてくれました。

現在も食欲にムラはありますが、5~7割ぐらいは食べられるようになっています。

 

無症状だったけど意欲・ADLが低下した利用者さん

コロナ感染前は歩行器でトイレに歩いて行かれていたN野さん。

コロナ感染後はパーソナルスペースが限られたレットゾーン(研修室)で10日間過ごされ、トイレのないレットゾーンだったため、ポータブルトイレを使用してもらっていました。

 

 

1日に4~6回のトイレまでの歩行が下肢筋力低下予防にもつながっていたN野さんにとって、歩行の機会が失われたことの弊害は大きかったです。

認知症の症状もすすみ、食事を食べたかどうか分からなくなり、「なんだか頭がおかしくなってきた。もうダメだね。」と話され、大好きだったテレビも見なくなってきました。

ベットサイドで足踏み運動などに一緒に取り組んだり、一緒にテレビを見たりする時間を作るようにしました。

現在はコロナ感染前と同じようにトイレまで歩行器を使用し歩行可能ですが、意欲の低下が進み他利用者との交流の機会が減っています。

感染の認定看護師から助言されたこと

利用者さんからコロナ感染者が出た際に行政から派遣された感染の認定看護師が指導のために来園されました。

その際に自分が感染しないようになるべくレッドゾーンに入る機会を減らすようにした方がいいですと助言されました。

しかし、感染した利用者さん同士も話をすることはほとんどなかったため、レッドゾーンの利用者さん達と触れ合うことができるのはレッドゾーン勤務の看護師だけでした。

高齢者施設では感染の認定看護師から言われたように看護師がレットゾーンに入る機会を減らすことがレットゾーンから出た後の利用者さんに影響が出てしまうことを考えてしまいます。

 

 

私

コロナは良くなっても、ADLや意欲が低下したままだと治ったって言えないよね?

 

とレッドゾーン勤務の他の看護師さん達と話合い、感染予防に努めながらレットゾーンの利用者さんとコミュニケーションを図り、機能訓練も実施していました。

 

レクリエ 2020年特別号 [雑誌]
Amazonでレクリエ編集部のレクリエ 2020年特別号 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
新型コロナウイルス ナースたちの現場レポート
新型コロナウイルス ナースたちの現場レポート

 

まとめ

レッドゾーン勤務になった際、利用者さん達を重症化させずに、レットゾーンから出してあげたいと思っていました。

感染した利用者は15名いましたが、幸い重症化した利用者さんはいませんでした。

しかし、入院された利用者さんが2名・点滴が必要だった利用者さんが4名、酸素投与が2名いて、現在も入院中の利用者さんや酸素投与が必要な利用者さんがいます。

重症化しなくても高齢者がコロナに感染すると「動かないこと(生活不活発)」による健康への影響が心配されています。

うちの老健施設内でのコロナは終息しましたが、筋力や認知機能の低下、食欲不振などの影響はまだ続いています。

今回のレッドゾーン勤務を経験し、感染した利用者さんがのちにこのような影響を引きずらないようにするには感染当初からレットゾーンに看護師以外の職種も入り、一緒に体調管理や機能訓練、生活援助に取り組むことが必要だと感じました。

 

 


最後まで読んでいただきありがとうございました(*^_^*)

人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています。

クイックして頂けたら励みになります。

よろしくお願いします👇


看護ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました