高齢者の口腔ケアの便利グッズの紹介

おススメ

高齢者の口腔ケアはこんなに大切です!

口腔ケアは口の中を清潔にするという効果だけはありません。

特に高齢者は口腔ケア不足は健康を害する影響が大きいです。

 

高齢者の口腔内は唾液の分泌量の減少のため自浄作用が低下し、ドライマウスや虫歯&歯周病がの原因になります。

また、口腔ケアをおろそかにしてしまうことは、口腔内だけ問題だけではなく、全身の健康へ影響をもたらしてしまう恐れもあります。

 

 

私がいた特別養護老人ホームには歯科衛生士さんが在籍していたため、利用者さまの口腔ケアには特に力を入れていました。

この記事では私が歯科衛生士さんに習った高齢者の効果的な口腔ケアのポイント、便利グッズなどについてお伝えします。

 

口腔ケアの全身のもたらす効果

①口腔機能の低下の予防

口腔機能が低下するとうまく咀嚼、嚥下、飲み込みができなくなり、経口摂取が難しくなってきます。十分な栄養をとることができず、体力・免疫力の低下にもつながります。

②唾液の分泌を促す

口腔ケアを行うと唾液の分泌が良くなりなります。ケア時に唾液腺を刺激するとより効果的です。

誤嚥性肺炎や感染症の予防

口腔内には感染症を引き起こす原因となる細菌が存在します。口腔ケアが不十分だと細菌が増殖しやすくなります。

④認知症の予防

食べたり、飲み込んだり、しゃべったりすることで口を動かすことは脳の活性化にもつながり、認知症予防の効果があると言われています。

 

私のいた特別養護老人ホームでは希望される利用者さんを対象に義歯の調整や虫歯の治療、嚥下機能の評価、歯科衛生士さんによる口腔ケアなど歯科往診が入っていました。

歯科往診を受けられている利用者さんの口腔ケアの状況は様々で、

①自力で歯磨きができるが磨き残しがある利用者さん

②歯磨きが嫌いで自力でできるのにしない利用者さん

胃ろうからの経管栄養をされている利用者さんや全介助の利用者さん

利用者さんそれぞれの利用者さんにあった口腔ケアのおススメのケア用品をご紹介したいと思います。

口腔ケアのおススメ便利グッズ

自力で歯磨きができるが磨き残しがある利用者さん

特別養護老人ホームで一番多かったのがこのグループでした。

このタイプの利用者さんは短時間で歯ブラシのみでケアをされている方が多く、舌や歯間、歯の裏側、奥歯などのケアが不十分は方が多いです。

このグループにおススメの便利グッズはこちら👇

<舌ブラシ>

舌はあまりゴシゴシ磨かずに、優しく磨くことが大切。

 

<歯間ブラシ>

高齢者の方でも持ちやすいため、使用しやすいタイプです。

<電動歯ブラシ>

高齢者の方は歯ブラシでのブラッシングはうまく手首を使えていない場合が多いです。歯科衛生士さんのススメで電動歯ブラシを使用された利用者さんが「これなら手を動かさなくて、歯に当てるだけでいいから楽。」と好評でした。

歯磨きが嫌いで自力でできるのにしない利用者さん

このグループの方は総入れ歯の方や男性の利用者さんに多かったです。総入れ歯の方でも口腔ケアはもちろん必要です。

このグループにおススメの便利グッズはこちら👇

<モアブラシ>

総入れ歯でも口腔内の粘膜には細菌がいっぱい。このモアブラシはとても柔らかいので、気持ちよく口腔内をケアできます。

<お口キレイウエットシート>

歯磨き自体が嫌いな利用者さんには、せめてうがい後にこれで口の中をふき取ることからはじめてみてもいいかもしれませんね。

<義歯ブラシ>

意外と多かったのが歯磨き粉で義歯をゴシゴシ磨いている利用者さん。歯磨き粉の中には研磨剤が入っているんで、義歯に傷がついてしまいますよ。義歯ブラシで水洗いし、ポリデントがおススメ。

created by Rinker
¥419 (2022/01/17 09:57:58時点 楽天市場調べ-詳細)

<洗口液>

このコンクールFはよく歯科医の受付でも販売している物で、高い殺菌力と効果が持続しやすいため、おススメです。特別養護老人ホームでも利用されている方が多く、息もさわやかになります。


胃ろうからの経管栄養をされている利用者さんや全介助の利用者さん

<吸引クルリーナ>

寝たきりの利用者さんや胃ろうからの経管栄養をされている利用者さんは胃ろうからの経管栄養をされている利用者さんは特にが多く口腔ケア中もが上がってきくるため、吸引しながらブラシで口腔内を磨ける吸引クルリーナがおススメです。


<リフレケア・スポンジブラシ>

口腔ケア後に口腔内の乾燥を予防するためにおススメなのがこちら👇

吸引クルリーナで口腔ケア後にリフレケアをスポンジブラシつけて、口腔内に塗布していました。乾燥予防や歯周病予防、口臭予防に効果があります。はちみつ風味は人気でした。

created by Rinker
¥1,303 (2022/01/16 12:50:15時点 楽天市場調べ-詳細)


吸引クルリーナを使って口腔ケアをする時に私が心がけていたこと。

その1 使用前にブラシを水洗いし、水分を軽くとる。

(べちゃべちゃに濡れていると水を誤嚥してしまうことがあるから。)

その2 吸引クルリーナはペンを持つように軽く握り、声かけをしながら優しく頬の内側、口蓋、舌の奥から手前へブラシを当てる。

その3 口腔ケア後は口腔内に保湿ジェルを塗布し、爽快感を感じてもらう。

口腔ケアをしっかりと行うと誤嚥性肺炎を起こすリスクが軽減できます。

 

まとめ

口腔ケアはとても大切なケアの一つですが、嫌がられる利用者さんが多いです。

確かに他の人に口を触られるのは嫌ですよねショボーン

だから、「なるべく短時間でキレイにしてあげたい乙女のトキメキ

口腔ケアの便利グッズをうまく活用し、お口の中をキレイにしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


人気ブログランキング



タイトルとURLをコピーしました