メンタル

メンタル

適応障害と診断された看護師が伝えたいメンタルヘルスの予防法

自分が何に一番ストレスを感じているのかを知り、可能であれば早い段階で回避・除去することで適応障害やうつ病などメンタルヘルスは予防することができます。
メンタル

転職後に適応障害と診断された看護師がどのように克服したのか?

透析クリニックで働いていた時に、男性患者さんに怒鳴られたことがきっかけで不眠症、食欲低下、下痢などの症状が続き、しばらくすれば治まるだろうと思っていましたが悪化していく一方。適応障害と診断された私の選んだ治療は東洋医学クリニックでの漢方薬治療でした。
メンタル

適応障害と診断された看護師の退職までの3ヶ月間

辞めたい、職場に行けない、患者がこわいと心が病んでしまい適応障害と診断された私。辞めたいと思いながら働き続けることは自分が思っている以上に自分自身を苦しめていたと思います。自分の病気を受け入れることができてからは、「私は適応障害と診断されたんだ。」と良い意味で開き直ることができました。
メンタル

夜勤やめませんか?夜勤をする看護師はストレス倍増!!

部署や職場が変われば、また看護師の仕事に向き合えるようになるかもしれません。 夜勤手当や明け休みなどのために健康を害してまで夜勤をする必要はないです。 私は病棟から外来勤務になり、規則正しい生活を取り戻し、看護師の仕事も続けることができました。
メンタル

ストレスに強いと思っていた看護師がなぜ適応障害になったのか?

ストレスに強いと思っていた私は適応障害などには無縁の人間だと思っていました。しかし、私は患者さんとのトラブルが原因で適応障害になりました。 適応障害と診断された私の初期症状、治療、その後についてお伝えします。
メンタル

「退職したい。」実際に辞める看護師と辞めない看護師の差は何?

看護師さんは他の職種よりも求人数が多いため、退職するという選択肢を選びやすいと思います。病院を変えたい、病院以外で看護師をしたい、日勤だけで働きたいなど色々な選択肢を選ぶことも可能です。看護師はそれだけ自由に動くことが可能な職業です。同じ病院で転職を考えて何年も悶々としているのであれば、今いる病院を辞めてみませんか?
タイトルとURLをコピーしました