ストレスに強いと思っていた私がなぜ適応障害になったのか?

メンタル

適応障害と診断され、東洋医学のクリニックで治療を受けたことがあります。

詳しくは👇

適応障害と診断されたことがあります。
適応障害と診断された私の選んだ治療は東洋医学クリニックでの漢方薬治療でした。

エムグラム診断での結果からも分かるように心配しがち、感受性高めと頑固な割にはメンタルは崩れやすいタイプの人間です。

エムグラム診断はこちらからできます👇

超精密性格診断 mgram(エムグラム) | あなたの8性格を無料診断
mgram(エムグラム)は、高精度分析アルゴリズムにより、あなたの8つの性格が分かる無料性格診断テストです。世界中で人気があり会員数は1,000万人突破しました。

自分がどうゆう人間かを知ることは難しいです。

私はエゴグラム診断の結果を見て、主張が強め、ひとりの時間も大事、ドライ、協調性少なめ、好奇心強めは当たっているのですが、心配しがち、凝り性、感受性高めは意外な結果でした。

ストレスに強いと思っていた私は適応障害などには無縁の人間だと思っていました。

しかし、私は適応障害になりました。

私が適応障害になったきっかけ、初期症状、治療後についてお伝えします。

適応障害になったきっかけの出来事

透析クリニックで働きだして間もない頃、まだ仕事にも慣れず、透析室の独特の雰囲気が苦手でした。

透析中の患者さんは血圧の変動や頭痛、腹痛、かゆみ、けいれん、倦怠感などの症状が出現しやすく、中にはイライラされる方も・・・。

ある男性患者さんのコンソールから透析終了30分前のバイタル測定を知らせるアラームが鳴り、対応しようと声をかけると、

「新人は俺に触るな。来るな。お前いい加減にしろよ。」

など大きな声で怒鳴りつけられ、恐怖で体が震えてしまいました。

それまではその患者さんとあまり関わることは来院時の挨拶や体重測定ぐらいしかなく、アラームに対応したのはその時が初めてでした。

後から聞いた話ですが、その患者さんは新人看護師にはいつもそのような態度をとるようでした。

このように患者さんから怒鳴られることは初めてだったため、ショックなのと怒り、不安など様々な感情が入り乱れ、その日の夜は一睡もできませんでした。



適応障害になった時の私の初期症状

私はその日の以降、不眠症、下痢、食欲低下、吐き気などの症状で悩まされるようになりました。

透析は週3回あるため、2日後にはまたその男性患者さんと会わないけません。

その男性患者さんに怒鳴られた時のことが頭の中から離れませんでした。

他の看護師からはその男性患者さんの対応には入らなくてもいいよと言われていましたが、同じ透析室の空間にいるだけで苦痛で、その男性患者さんの透析の日の朝は特に下痢がひどく、トイレから出られず仕事に行けない日もありました。

「とにかく何か口にしないと体がもたない。」

と思い、バナナやパン、フルーツジュースなど好きな食べ物を口に食べようとしましたが、数口で吐き気が・・・。

体重はどんどん落ちていき、2種間で8キロ減ってしまいました。

「私はどうしてしまったのだろう。」

「いつもでこんな症状が続くのだろう。」

「もしかして、うつ病なのでは?」

「病院に行った方がいいのかなぁ・・・。」

と考えるようになりました。

適応障害の治療後の私。

東洋クリニックでの適応障害と診断された経過は👇の記事を参照してください。

適応障害と診断されたことがあります。
適応障害と診断された私の選んだ治療は東洋医学クリニックでの漢方薬治療でした。

漢方薬を服用し、透析クリニックを退職することが決まると私の症状は徐々に軽快し、食事も食べれるようになり、週4日勤務に変更してもらい、出勤できるようになっていました。

しかし、

「(男性患者さんが)怒鳴ったことを悪いことしたなって気にされてるみたいだから、最近、体調も良さそうだし、そろそろ穿刺に入ってみる?」

と言われた瞬間に体の震えが・・・。

「無理です。」

と泣きながら伝えました。

私自身ももう適応障害は治ったのではないかと思っていたのですが、またあの日怒鳴られた時のことが蘇り食欲がなくなり、眠れなくなってしまいました。

もう大丈夫だろうと飲まずにいた漢方薬もまた内服するようになりました。

透析クリニック退職後、私は介護施設で看護師として勤務するようになりました。

ストレスが溜まると、適応障害に苦しめられた時のように眠れない日が続いたり、休日に人に会うことを避けるようになりました。

「また、透析クリニックの時みたいに適応障害かもしれない。」

と思うことがあり、今でも適応障害になったらどうしようと不安になることもあります。

まとめ

 

私は自分が適応障害と診断されたことを周りの人に言えませんでした。

適応障害と診断されたことを話したら、自分が弱い人間だと思われるのが嫌だったからです。

記事の導入で書いたエムグラムの私を構成する8性格をみると、決して私は強い人間ではありません。

表向きは強そうなイメージですが、中身は感受性が高く、心配しがちな性格です。

自分を知ること、自分の弱さを認めることは、背負う必要のないストレスを取り除くことに繋がると思います。

弱くてもいい、弱いから困った時に誰かに相談すること。

相談できる誰かは必ずそばにいるはずです。

私と同じように適応障害に悩まれている人はぜひ、自分を知ることから始めてみてください。私が試したエムグラム診断はこちら👇

超精密性格診断 mgram(エムグラム) | あなたの8性格を無料診断
mgram(エムグラム)は、高精度分析アルゴリズムにより、あなたの8つの性格が分かる無料性格診断テストです。世界中で人気があり会員数は1,000万人突破しました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 


人気ブログランキング








タイトルとURLをコピーしました